クリスマスキャロルが聞こえる

ゆっくりと12月の灯りがともり始めたと思ったらアッというまにクリスマスがやってきてしまった。
今年一年の私の楽しかった出来事を消し去るように。

メリークリスマス。かるがもです。

まったくイスを買うヒマもなかった。さすが師走というだけのことはある。
それはそうと、もう半年くらい前のことだが私のスマホ「Galaxy S5」の調子がおかしくなった。画面の下から3分の2がビガビガと光るようになってしまい使えないことはないが目が痛くて仕方がない。その時点で3年ほど前に購入した古いスマホだったが、まだまだ使えると思い少し前に電池を換えたばかりだった。

そんなわけでスマホを新しくしようといろいろと調べ始めたのだった。

私がスマホに求めるものはコンパクトさだ。デカいスマホは邪魔そうだと思っていても使ってみればすぐ慣れる、大きい画面を一度使ったらもう戻れないなどというが私は3年使っていてGalaxy S5にはまったく慣れなかった。常にこれはデカすぎる、邪魔だ、モチ肉にもほどがあるだろう。と思っていた。

コンパクトスマホといえばソニーのXperiaだが、調べてみるとAquosのコンパクトやiPhoneのSEというのもあるらしい。
iPhoneのSEは私が前に使用していたiPhone5と同じ形のようであの大きさなら悪くはないと思ったが発売が2016年3月で少し古いような気がした。値段もけして安いわけではなく確か5万円くらいだった気がする。しかしXperiaやAquosにしても4,5万はするので何にしてもどれも高い。

大きいスマホでもいいのならいくらでも選択肢はあった。最近話題のhuaweiなんかかなりお買い得なお値段で並んでいた。ちっくしょー!私の体がラオウくらい大きかったならスマホの大きさなんか気にする必要なく自由に好きなスマホを選べたのに!

ラオウ…?ラオウといえばレイだ。長いことスマホ選びに悩んでいた私が思い出したのが初めて買ったスマホのXperia Rayだった。

さっそく引き出しから取り出してきてGalaxy S5とXperia Rayを並べてみることとした。

なんだこれは。あまりの大きさの違いにびっくりした。

iPhone5も並べてみた。やはりS5はデカすぎる…。こんなものはもはや人が持ち歩く大きさではない。まして私はかるがもなのだ。そう思った私はXperia Rayを再び使用してみることとした。そう壊れてなどいないのだ。スマホはたった2年で壊れてしまうようなものではない。私はこれまで壊れてもいないのに2年ごとに電話を換え続けてきた。携帯電話業界の仕組みがおかしいのだ。そうして3年前、ついに既存の電話会社に見切りをつけた私はGalaxy S5の購入とともにMVNOに移ったのだった。

これまでMINEOのauプランだったのでドコモで使っていたXperia Rayを使うためにドコモプランに切り替える必要がある。というわけでまずMVNO会社をIIJMIOに切り替えてドコモプランで契約した。

このような経緯で私は11月の半ばからXperia Ray使い続けていたのだった。
おっともうこんな時間か。すっかり遅くなってしまった。
Xperia RayとIIJMIOの使用感についてはまた後日報告しよう。

今日はクリスマス。今朝私のところに謎の小包が届いていた。ついに私のところにもサンタさんが…?

エトレン…?

つづく…?

ブログ村バナー
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする