新しいアイテムが届いたぞ!アルパインチェストバッグだ!

私は今回新たにチェストバッグを導入することに決めた!
今までウエストバッグをよく使用していたがウエストベルトのあるザックの場合にバッグとベルトが干渉するなどの問題があった。
チェストバッグとはその名の通り、ザックなどと組み合わせて胸の部分に取り付けることができるバッグだ。

マウンテンダックスのアルパインチェストバッグM。
ショルダーストラップが付属している。

素材:ナイロン70Dn DAIAMOND R/S
サイズ:17×25×7cm(高さ×幅×厚さ)
重量:237g
ショルダーストラップ長:135cm

ネットでチェストバッグを検索してみたところ、パーゴワークスのパスファインダーというチェストバッグがよく出てきたが、今回はこのマウンテンダックスのチェストバッグを選んでみた。
なんというか、お値段がだいぶリーズナブルだったのだ。
私の持っているはかりで重量を量ってみたところ、本体は205ℊ、ショルダーストラップが25ℊであった。
合わせると230ℊ。メーカ公称の237ℊとの7ℊ差は誤差ということにしておこうか。

内部のようす。
大きめのポケットと小さめのポケット、ジッパーのついた大きめのメッシュポケットと小さめのポケットがある。
真ん中あたりにぶら下がっているのはキーフック。

スマホ、500mlのペットボトル、ライター、十徳ナイフなどを入れてみるとこんな感じとなる。
このくらいの状態でそれほど無理なくジッパーを閉めることができる。

フロントのフラップを開けるとマップホルダとポケットがある。
ポケットは5.5cmと9㎝程度の二つに仕切られていた。
ここにコンパスやペンなどを入れるといいのではないかと思う。

バッグの下の部分には2か所にDカンがついている。
付属のストラップはショルダーストラップで、ザックホルダーと差し替えて使うものであってここにはつけることはできない。
ではどうするのか。
少し考えたうえでこうしてみた。

まず上はザックのショルダー部分にフックをこのように取り付ける。

下はどうするのか。
まずDカンにナイロンのひもを結びつける。

このように両側にほどけにくいようにしっかりと結ぶ。
このひもの間にザックのウエストベルトを通してみた。
そしてザックホルダーのストラップをちょうどよいように縮める。
すると思った通りにある程度の固定をすることができた。
実際の運用ではどうなるかわからないが、一度これでいってみるとしようか。

このように短くしてザックホルダーのストラップを長めに調節すれば腹部に近く装着することもできる。

ザックとチェストバッグを合わせるとこのような感じとなる。
マスタードという渋めのイエローカラーがザックとも実にマッチしているな。

この先、実際に運用したうえでの使用感などをそのうちに報告したいと思う。

おわり

ブログ村バナー
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする